CCUS登録技能者の能力評価基準に計装工事技能者分野が追加

建設キャリアップシステム登録技能者の能力評価基準に計装工事技能者分野が追加されました

建設技能者一人ひとりの技能や経験を評価し、保有資格や就業日数に応じて4段階に 判定する「能力評価(技能レベル判定)」の対象分野に、「計装工事技能者」が新たに追加されました。

○ 建設技能者の能力評価制度は、職種ごとの能力評価基準に基づき、建設キャリアアップシステムに蓄積・登録される建設技能者一人ひとりの技能や経験を客観的に評価する仕組みです。 

○ 当工業会によって同基準に基づき技能者の経験、知識・技能、マネジメント能力に応じて4段階で技能レベルの判定が行われるとともに、技能レベルに応じた建設キャリアアップカード(ゴールド、シルバー、ブルー、ホワイト)が技能者本人に交付されます。 

○ なお、詳細な情報につきましては当工業会HPに掲載いたします。(準備中)